medical 診療案内 補綴歯科(審美歯科)・詰め物・被せ物・ホワイトニング

詰め物・かぶせ物

詰め物

皮膚が付けば血液がながれて治りますが、虫歯になると薬をつけても元には戻りません。我々、歯科の分野の進歩が止まっているところでもあります。虫歯を取り人工物を詰める、代替え治療でしかないので治るとは言えませんが、現状では、樹脂等の充填やインレーなどの、一部被覆による治療をより精度を高く行うしかありません。早く歯が治癒する時代が来る事を望んでおります。

かぶせ物

かぶせ物とは、むし歯の進行度合いで削る部分が多い歯に対して、歯全体を覆うように、まさしくかぶせるようにして歯を保護するものです。
かぶせ物も詰め物同様、さまざまな種類があります。かぶせ物にする場合は、外から見える範囲が広いため、より患者様のお口に調和した色を選ぶ必要があります。保険適用は、金属冠・前装冠・CADCAM冠等の治療を行っております。
また、保険外の治療(金属冠・ジルコニア冠・イーマックス冠等)は以前かぶせ物を行っていた箇所を、新たにかぶせ直すことも可能です。かぶせ直しをご検討の方は、お気軽にご相談ください。

保険と自費の違い

保険・・・健康保険が適用
自費・・・健康保険が適用されず、全て自己負担

保険治療と自費治療の被せ物の違いは、白くてきれいな物と金属の被せ物に話が進みがちですが本当の差は適合性や機能性にあります。
保険治療では保険点数で価格が低く定められているため良い材料が使用できませんそのため自費治療とでは以下のような差が出てしまいます。
これらは当院での保険治療を行う際の材料と方法で製作した物と自費治療を行う際の材料と方法で製作した物を比較です。

①枚目の写真では違いが分かりませんが
②枚目の強拡大では保険の被せものと歯の間に隙間がありセメントで満たされているのが分かると思います。
一方自費の被せものではこの隙間は認められません。
この差が虫歯の再発や歯周病の惹起に影響を及ぼすのです。当院では保険治療の場合、金属の鋳造冠、樹脂のジャケット冠、自費治療の場合、ハイブリットレジン冠、ジルコニアの冠、などを御予算や症例に応じて使用しております。

ホワイトニング

ホームホワイトニングを行っています

患者様ご自身の歯型に合わせてマウスピースをお作りし、自宅で歯を白くすることのできるホームホワイトニングを行っております。
ホワイトニング剤を塗布したマウスピースを歯に装着するだけで、比較的簡単に歯を白くすることができるというメリットがあります。
ただし、ホワイトニング後は着色の強い食べ物を食べてはいけないなどの条件もあります。
また、歯がしみるなどの症状が出る場合がありますので、ホワイトニングをする前には歯の状態を把握することが必須となります。
ホワイトニングをご希望の方は、まずは医師にその旨をお伝えいただければと思います。

CONTACT 医院情報

診療時間

日・祝

9:00~13:00

14:00~18:30

医科併設 △:出張診療

© 柳川ビルクリニック歯科. All Rights Reserved.

TEL